一般社団法人 日本カレンダー暦文化振興協会

暦文協ミニフォーラムを開催「同士糾合(きゅうごう)小満の集い」

令和3年(2021)4月26日(月)

5月21日(金)、「同士糾合(きゅうごう)小満の集い」と題して、小田島梨乃氏(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻)による「『暦記録』に見る江戸暦問屋」。ドゥエル・ベーリ氏(東京国際大学名誉教授)による「初月観察について─新月の見える日時はいつか」。大越公平氏(関東学院大学名誉教授)による「雪月と暦─形が見えてくるとき」、以上3名の講師による講演が行われます。なお、会場は東京都墨田区の「第一ホテル両国」に置かれますが、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、リモート配信にも対応します(要申込、下記参照)

開催日:
2021年5月21日(金)
間:
(開場15:15)15:30~(2時間程度)
師:
小田島梨乃氏、ドゥエル・ベーリ氏、大越公平氏、(挨拶:理事長 中牧弘允)
場:
第一ホテル両国(東京都墨田区)/リモート聴講可能
会場定員:
20名(申込先着順)
参加費:
無料(会場参加、リモート参加とも)
申込方法:
参加希望者名(フリガナ要)・メールアドレス・住所・電話番号を明記して、電子メール(info@rekibunkyo.or.jp)またはFAX(03-5816-5036)にて、暦文協事務局までお申込みください。両国ホテル会場参加申込への返信は5月6日以降、リモート聴講申込への返信は5月10日以降 、順次行います。申込〆切は5月17日(月)。Zoom(アプリ)を使用予定です。
ツイートする シェアする LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加